家具のお手入れについて

ウレタン塗装の家具

現在最強の塗装の一つですので、それほど神経を使わなくても大丈夫です。といっても本体はあくまでも木材ですから、暖房機器のそばは避ける(温風の吹き出し口の近く、ストーブのすぐそば、等)、直射日光を当てない、程度の気はお使い下さい。

水で拭いた時はできるだけ早くから拭きして下さい。 普段は乾いた布で拭く程度で十分です。 油汚れ等がついた時は、中性洗剤を浸した布でこすり、その後水拭き、そしてから拭きです。

最強の塗装ではあるのですが、年月とともにその塗膜もすり減ってきます。 なんだか汚くなったなあと思われましたら、塗り替えをお勧めします。 これはお近くの塗装業者さんでも充分対応してくれますが、 もしご心配な場合は楓舎にご連絡下さい。 1200mm X 800 mmぐらいのダイニングテーブルで35,000円でできます。 送料は別途となります。

ラッカー塗装の家具

ウレタン塗装程強くはありませんが、仕上がりは高貴で繊細、 であると楓舎主人は感じています。 楓舎もよほど予算のあるご注文以外はできません(失礼!)。 手間がかかります。 ウレタンなら3回で仕上がるところ、ラッカーは3倍の回数が必要なのです。 それなのに性能はウレタンより劣るのです。特に熱にはからきし弱い。 では何故ラッカーを使うかと言いますと、「美しさ」です。 家具をこれほど美しく仕上げてくれる塗装はないと考えています。

そのためお手入れには、熱、薬品、油、の影響を受けないようにお気遣い下さい。 水拭きした時はウレタン塗装同様素早くから拭きしてください。 洗剤の使用はお勧め出来ません。

オイル塗装の家具

木材の風合いを最も良く出してくれる塗装です。人体や環境に与える影響が極端に少ない事が最大の特徴です。 しかし残念ながら塗料の性能としてはウレタンやラッカーよりかなり落ちます。 熱、水、薬品、油、などに全面的に弱いのです。

したがって、普段はから拭きをこまめにします。そして定期的なオイル塗布(2年に一度くらい)、再び継続したから拭きが必要となります。このようにして使い込む程愛着の湧く塗装であるうえ、簡単な手直しならご自分でもできますので、そんな事を楽しめる方に向いているでしょう。

ただ、水滴やこぼれたお茶などはどうしてもシミになり徐々に汚れた感じになっていきます。それを「家族の歴史」としてどうしても容認できないという方は、やはりウレタン等の別の塗装をおすすめします。

Copyright(C) 2001〜2017Woodworking Fuusha All Rights Reserved.