楓舎小屋便り

2019/3/27

私は愛国者だったんだ!

 2019年春の夜明け

 春分を過ぎてさすがに夜明けが早くなりました。アルバイト先の夜警で朝の巡回を終える頃に空は明るくなり、そこに来た夜明けを知らせてきます。夜が明ける、それはなんと喜びに満ちていることでしょうか。体中の細胞が沸き立つようです。これは本能としか言いようがありません。人間だけではなく、すべての生物に普遍的な反応ではないのだろうかと思います。山の上だろうが海のそばだろうがいつもの自分の家の前だろうが、日の出を尊く拝む気持ちは自然なことです。元気とか希望とか勇気とか、素直に前に進む気持ちになる時です。私の場合、夜警のアルバイトがある4日に一度この僥倖に巡り会います。

 ところで最近重大なことに気がつきました。私は実は愛国者だったということです。学生時代からずっと反権威、反権力、反多数、さらには多分に非常識で生きてきたことは、何を目指したことだったのだろうかとふと考えたのです。驚いたことにはっきりそれを意識したことがなかったのでした。例えば沖縄の新基地建設に反対するのはなぜかといえば、それが日本という国の主権を毀損するものでしかないから。沖縄の人々の幸福かつ平安な生活を損なうものでしかないから。沖縄の人々の基地建設反対の意向を日本政府もアメリカ政府も米軍もそろって一切斟酌しないで強行するから。日本政府の姿勢は差別でしかないから。沖縄住民の意向を無視するという安倍政権の体質、あるいは目的は、単に沖縄に対してだけのものではなくいずれ必ず全国どこの住民にも向けられるものだから。と考えてみれば、私は日本という国にきちんとした主権があってほしいと思うのです。70年を超えてアメリカの属国てあることは、一国民としてとてつもなくみじめで悲しいことだと感じるのです。従って日本政府には一刻も早く日米安保条約を見直し、白井聡のいう「永続敗戦」を終わらせてほしいのです。そういう正常な政府であってほしいと考えるのです。海外に出かけても「アメリカの植民地」なんて揶揄されることのない国にしたい、そう思うから現在の安倍政権をなんとかして早く終わらせたいとささやかな批判を繰り返すというわけです。しょせん野良犬の遠吠えのようなものですが、根本には自分の生まれてきたこの国が公正で腐敗のない、国民のための政治をする国にしたいという思いがあります。不正がはびこり腐敗臭ぷんぷんの安倍政権は少なくとも私の望む国の政権とはいえない、そういう意味で私はもっとましな国、ましな政権を望む愛国者であるのです。

 これ以上原発を稼働させないことも、これ以上人間の住めなくなる土地を増やさないためです。地震、台風他の災害列島である日本に原発を作ったのは間違いでした。地盤の状態が相対的に安定しているヨーロッパでさえ、原発から再生可能エネルギーへ変換しています。何もかも利権と権力のためにねじ曲げるようなことをしない、まずは国民のための政治をおこなう政府が欲しいと思います。今更こんなことを確認するなんて、うかつではすまされないことですが、悲しいかなこれが私の現在の立ち位置なのです。

 

>> 過去の楓舎小屋便り