過去の楓舎小屋便り

2018/11/29

昭和史あれこれ

2018年秋の初雪

 遅い雪が降りました。つい1週間前まで、なんと暖かな秋だろう、まさかこのまま冬に突入なんてことにはならないだろうとは思いながらも、こんな具合ならいいがなあと一抹の希望も持っていたのでした。

2018年晩秋の様子

しかし季節はそんなヤワな願望は容赦なく吹き飛ばし、きっぱりと冬を連れてきたのでした。気温も一気に下がり油断していた体をあざ笑います。いやこうなれば私だって覚悟を決めて冬仕様の心身に変わります。こういう強制力は嫌いではありません。

  さてここしばらく昭和史に関する本を何冊か読みました。白井聡「国体論ー菊と星条旗」、保坂正康「昭和史 七つの謎 part2」、「昭和の怪物 七つの謎」他。

 白井聡について、「国体論」そのものにも教えられることが多々あるのですが、本筋とは別に妙なところでさらに白井聡に強い共感を覚えたのでした。2016年8月8日の天皇の「お言葉」を白井聡は次のように受け止めていました。「・・・あの常のごとく穏やかな姿には、同時に烈しさが滲み出ていたからである。それは、闘う人の烈しさだ。『この人は、何かと闘っており、その戦いには義がある』ーーそう確信したとき、不条理と闘うすべての人に対して筆者が懐く敬意から、黙って通り過ぎることはできないと感じた。ならば、筆者がそこに立ち止まってできることは、その「何か」を能う限り明確に提示することであった。」私が驚いたのは、「・・・その戦いには義がある。」というところでした。冷静沈着かつ明晰な理論家だとばかり思い込んでいたところに「義がある」ですから、この浪花節とも言うべき人間くささに家族に対するような親近感を持ったのです。ああそうか、この人の怒りはこの辺りが原点なんだと思うと、自分とそうかわらないような気がしてきます。そういう「健全な」怒りを持つことが、人間らしいあり方ではないかと確信したのです。あの天皇の言葉を私自身は白井聡のようには受け止めることができませんでしたが、すんなり受け流すことはできないような違和感は持ちました。それをそれこそ明確に説明されて、すとんと落ちたのは予想外の収穫でした。そしてでは私にできることは何かと言えば、悔しいですがここにこうして白井聡という思想家のことを紹介することだけなのです。

 ところで白井聡はなぜそのように受け止めたのかと言えば、次のように要約できそうです。新憲法を中核とする戦後民主主義は、象徴天皇制と表裏一体のものとして生まれました。日本国憲法第一条には天皇規定が以下のように記されています。「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。」天皇は「居ること」だけでは「日本国の象徴」でしかなく、「国民統合の象徴」にはなっていない。今上天皇は「動き、祈ること」によって初めて「国民統合の象徴」となりうるのだととらえました。ここでいう「動く」とは今上天皇が即位以来全国各地に出向く旅、特に戦争という惨禍の地への旅、同時に全国の災害被災地への慰問の旅、これらに基づいた祈りを行って初めて「国民統合の象徴」となりうるのだという先の「お言葉」を、白井聡は重大な危機の認識と受け止めたのでした。なぜかといえば、戦後民主主義とのセットで生まれた象徴天皇制は、今深刻な危機にさらされているのであり、ということはつまり民主主義も同様の危機にあるということです。天皇の「お言葉」はこの危機を打開する手だてを模索しなければならないとの呼び掛である、と白井聡は理解したのです。これは重大な政治的意味合いを持ち、憲法に抵触する解釈もできるという危険な表明でした。しかし白井聡は、こんな危険を冒してまで「お言葉」を発表せざるを得なかった天皇に「闘う人」としての共感と敬意をおぼえたのだということです。

 繰り返しになりますが、わたしは白井聡という人のかくも鋭敏な感受性とそれに基づいた論の展開にただただ驚嘆するばかりです。また、今上天皇の「お言葉」を受け止めきれなかった自分の鈍重さをかみしめています。天皇の孤独な思索と「象徴」への真摯な取り組みは、現在の危機打開への呼びかけであることにどのように応えるべきなのか、さらに考えなければななりません。

 もうひとつ。

 保坂正康「昭和の怪物 七つの謎」で取り上げられている渡辺和子と、今は亡き作家三浦綾子の共通点が見えたような気がしたことです。渡辺和子は敬虔なクリスチャンとして知られ、学校法人ノートルダム清心女学園理事長を務め、2016年12月30日、満89歳で膵臓がんのた学園内の修道院で亡くなりました。晩年に上梓した『置かれた場所で咲きなさい』はベストセラーとなっています。ご存知の方も多いと思いますが、この人は9歳の時2・26事件で父親の殺害現場を目撃するという重い経験をしました。その後クリスチャンとなり戦後は宗教家として、また教育者として生きた人です。詳細は省きますが、保坂正康が行ったインタビューの中で「2・26事件は、私にとって赦しの対象からは外れています」と断言したのだそうです。それを聞いて保坂正康は「そこに偽善も虚飾も、そしていかなる麗句も排した戦いの本質(それは歴史的な証言ということになるのだろうが)が込められているように思った。」と記しています。聖人だとばかり思っていた者の中に、時間でさえ消すことのできない人間の怒りがあるのだという発見に、ああこの人でさえ消せない感情を持って生きてきたのか、というある種の安心があったのではないでしょうか。

 このことと関連しますが、学生時代以来久しぶりに読んだ三浦綾子の「塩狩峠」最後のシーン、ふじ子が婚約者の死んだ場所でレールに突っ伏し号泣します。ふじ子も大変敬虔なクリスチャンです。それでもなお納得できない悲しみを爆発させたのでした。図らずも、宗教でも救いきれない人間の感情がある、これを渡辺和子の言葉と三浦綾子の小説から知ったのでした。学生時代に読んだ三浦綾子は、布教者の文章としてしか受け止められませんでしたが、今回読んでみて「ああやはり三浦綾子は文学者だったのだ」と確認できたのは、私自身の不明を挽回できたという意味でも感動的でした。

 

 

back number

2018
2月3月5月6月8月10月
2017年
1月3月5月6月8月9月11月
2016
1月2月4月5月6月7月8月9月11月12月
2015
2月5月6月8月11月12月
2014
1月3月4月5月6月8月12月
2013年
2月4月5月7月8月11月12月
2012年
3月4月6月8月9月11月12月
2011年
1月2月3月5月7月8月10月12月
2010年
1月2月4月6月8月
2009年
1月3月5月7月9月11月12月
2008年
1月3月5月7月8月9月11月
2007年
1月3月4月6月7月8月10月11月12月
2006年
1月2月3月4月5月7月8月10月11月12月
2005年
1月3月6月7月9月10月11月
2004年
1月2月3月4月6月7月8月9月10月11月12月
2003年
2月6月7月8月12月
2002年
1月3月4月6月7月8月9月10月11月

>> 楓舎小屋便りへ戻る